コンテンツへスキップ

50歳代は白髪があって当たり前!クヨクヨしたり黒くしすぎるのはNG

「白髪のせいで老けてみえる」「モテないのは白髪のせい」と、白髪をネガティブに捉える中高年男性は多いです。

女性からすると、白髪でマイナス印象なるということはほぼありません。
わたし自身、白髪ですてきな男性をたくさん知っていますし、周りの友人も同意してくれます。

年をとれば白いものがちらほらするのは当たり前、50歳代にもなれば半分以上が白くても珍しくもなんともありません。
劣化ではなく変化ですから、じぶんの白髪を受け容れてしぜんに振る舞える男性、清潔感や個性を大事にして似合うアレンジをしている男性はとても魅力的です。

それができず、白髪があることをクヨクヨしたり、気にし過ぎて不自然なほどまっ黒に染めている人は接するときに余計な気を遣い疲れます。

話していてもなにかとネガティブだったり、逆にうわべだけをとり繕っていて年齢相応の落ち着きや自信がないことが多かったりします。

ナチュラルで清潔感のある白髪はお金で買えない、誰にも作りだせない、そして若い人には持ちえない中高年男性だけの「強み」的魅力です。
あざとくない程度に武器にして、じぶんを一層すてきに魅せている男性は何歳になってもかっこよさを感じます。

「顔は男の履歴書」とよくいいますが、白髪は知性や品を表す「男の名刺」のようなものだと思います。
中高年男性は白髪を悩まず隠さず、堂々と自信をもって振る舞ってほしいです。